歩け歩け 合掌ブログ

始めたばかりの寺社仏閣巡りです

2017.9.10 東京 【歌舞伎稲荷神社 法乗院 富岡八幡宮 成田山深川不動堂】

浅草寺でクールダウンしながら、さぁ次はどこに行こう…
そう言えば、歌舞伎座にも神社があるって聞いたことあるな。
歌舞伎座ってどこにあるんだろう?
駅は東銀座か。ここから遠いかなぁ?
おっ、電車一本で10分ちょっと。行こっと。

この日はこんな感じで目的地を決めてました。

東銀座に到着。まずは上にあがって歌舞伎座なるものを見ておこう。

f:id:araken0129:20170926042430j:image
凄いねぇー歌舞伎座。一度は見てみたい。楽しめるかな?
今月は、坂田藤十郎さん、中村吉右衛門さん、市川染五郎さん、尾上菊之助さんなどが出演されるそうです。ポスター見て、お名前のわかる方はこれくらいでした。
歌舞伎座にはお稲荷さんが祀られています。歌舞伎の事知らない私でもお参りできます。

f:id:araken0129:20170926042453j:image

そして歌舞伎座の5階にあるお土産屋さんで御朱印いただけます。宮司さんや巫女さんがいるわけでなく、店員さんですが…。
店内を一通り眺めて、レジへ行き…レジへ行きって趣ありませんが、実際そうなんです。レジへ行き、御朱印をお願いします。

f:id:araken0129:20170926042616j:image

書き置きでしたが、日付も入ってます。
歌舞伎座の5階で、チケット持ってなくても入れる屋上庭園を散策してみたりして、歌舞伎座を後にします。

 

あてもなく地下鉄にも乗れないので、銀座から近そうな所…って導き出したのは門前仲町成田山深川不動堂にも行ってみたかったんです。

東銀座から地下鉄一回乗り継いで、門前仲町に到着。

駅の広告に、気になるものが。閻魔大王。エンマ様? 行ってみよう!

駅からちょっと歩いて法乗院 深川えんま堂へ。

f:id:araken0129:20170926042716j:image
なんか、誰もいねぇ。
本堂には金ピカのお釈迦様が。かなり金ピカです。
本堂の横に閻魔堂があります。

f:id:araken0129:20170926042743j:image
そして

f:id:araken0129:20170926042814j:imageえんま様が怒ってます。
お賽銭を入れるのは、願い事によって違います。

f:id:araken0129:20170926042846j:image

この別れた所にお賽銭を入れると、稲光がピカァー‼︎そしてえんま様の説法を聞くことができます。
ナイスアトラクション!

御朱印もいただきました。

f:id:araken0129:20170926042942j:image折角なので、えんま様で。

 

閻魔堂からまた門前仲町にもどり、さらに先に進んでたどり着くのが富岡八幡宮

f:id:araken0129:20170926043017j:image
この日はお祭りか何かをやってたのか、私が訪れた夕方、出店の片付け中。写真の邪魔。
参道は長く、江戸勧進相撲の発祥の地とも言われていて、相撲に因んだ石碑などもあります。
以前、しくじり先生伊能忠敬をやってて、門前仲町辺りに住んでいたってやってたなぁと思ってたら、いました、伊能忠敬

f:id:araken0129:20170926043057j:image測量に行ってるんでしょう。

f:id:araken0129:20170926043133j:image綺麗な本殿です。

f:id:araken0129:20170926043226j:image御朱印はお神輿付き。

 

富岡八幡宮のすぐ側にあるのが成田山深川不動堂。歌舞伎とも縁の深い千葉の成田山。その東京別院ですね。

f:id:araken0129:20170926043307j:image

焼香台があったので、お焼香させていただきました。
そして不動堂の中もお参りでき、恐ろしいくらい威圧感のあるお不動様を拝みます。
ちょうどその時、お不動様の近くに行けるツアー⁇みたいなのをやってて、お寺の方から「今なら入れますよ」って言われ、反射的に入ってしまいました。お不動様にもおさわり。ありがたや。
そして、広い広い中を散策。本堂が綺麗になってるんですね。
f:id:araken0129:20170926043336j:imageその新しくなった本堂。
テレビで見たことある、梵字がいっぱいのやつだ。
f:id:araken0129:20170926043437j:image御朱印もいただきました。
この時点で16:30。この日はタイムリミットですね。

 

この日は5つのお寺と3つの神社をお参り。
ノープランだと近く近くを回ろうとするのでホテルに戻り、翌日の予定をしっかり立てようとするのでした。